南デザインブログ

試作の南デザインです。

*

金型の国内生産のメリットって?2

      2015/08/27

 

金型の国内生産のメリットって?

    では、国内での型作成は本当にメリットが

あるのでしょうか。

たしかに金型単体の制作費は中国での生産に 分があるとは

思いますがそこには前述のとおり、 数値ではあらわすことの

できないコスト(問題) が少なからず孕んでいることもわかります。  

 

実はコストの問題であまり気にしない点として 製品開発の

サイクルコストがありますが、 現場単位ではあまり実感が

ないのも事実だと思います。  

国内生産のメリットとは、地場ならではの迅速な 対応力と

確実性による手離れの良さに他なりません。  

 

弊社では、アルミ簡易金型による小ロッド量産のサービスを

行っていますが、国内生産でも、極力イニシャルコストを

押さえ、試作、金型までトータルで対応することにより、

お客様には本来注力しなければならない仕事に

集中して頂く ことを目的としています。

リードタイムを短縮し、俯瞰した見方でのコスト 削減と

もいえるかもしれません。

また、最近の傾向として、市場の細分化もあり、

多様な製品開発を小ロッドで行う必要がある現状、

ますます製品サイクルが早くなり、迅速な対応が

求められていると思います。

そのような市場の変化に対しても、国内生産の

回帰 はメリットがある一つの考え方かもしれません。  

 

もちろん中国での生産も現地の協力会社との

しっかりとした取り組みで最適な流れを つくられた

メーカー様はまだまだメリットがあると 思いますが、

これから中国での生産となると二の足を踏む思いはあるのでは。

国内にするか、海外にするか・・・

 

    一長一短なので難しい選択ですが、

状況に合わせて 選んで頂けると選択肢が広がり、

お客様にとっての メリットにつながると思います.  

弊社でも金型の相談はいつでもお待ちしておりますので

ご相談はお気軽にどうぞ♪   .              

 - 業界のお話。